SysCode-C/C++


製品概要

SysCode-C/C++は、C言語、C++言語のソースプログラムを品質向上の観点で静的解析し、親切で分かりやすいメッセージの診断結果を提供いたします。
これにより、ソフトウェアの品質を高め、開発効率の向上を実現いたします。

製品概要の図

導入の流れ

SysCode-C/C++の資料請求、デモ訪問、試用版のお申し込みなど、お気軽にお問合せ下さい。お申込みは下のボタンからお願いします。担当者が訪問し、お客様が必要としている要件に基づいたデモをご覧いただくことで、SysCode-C/C++のご理解を深めていただきます。SysCode-C/C++の試用版をお客様へ提供しております。 まずは、2週間、試用版にてお試し下さい。ご使用後に、ご不明点やご要望をいただければ柔軟に対応いたします。

動作環境
項目 内容
対応OS Windows XP 以降
対応Microsoft Office Office XP 以降
CPU Intel Pentium 4.2GHz 以上推奨
メモリ 2GB 以上
HDD 2GB 以上
ライセンス状態 ノードロックライセンス、フローティングライセンス


試用版

SysCode-C/C++の試用版を提供しております。導入前に試用版のご利用をお勧めしております。

機能制限について

試用版では、10ファイルまでの解析とさせていただいております。

解析機能について

試用版のソースプログラム解析は、構文によっては解析できないものがございます。

試用期間

インストール後、2週間となっております。



機能詳細

1.IPA情報処理推進機構ルール診断

ソースプログラムがIPA/SECコーディング作法に沿って記述されているかチェックし、違反箇所を指摘します。規約に準拠したコーディングにより、信頼性、移植性、保守性を図ることができます。

SysCodeの使用中の画面

2.CERTルール診断

ソースプログラムがCERTコーディング作法に沿って記述されているかチェックし、違反箇所を指摘します。ルールに準拠したコーディングにより、脆弱性を生み出すセキュリティの欠陥を減らすことができます。
対象ルール CERT C++

3.MISRAルール診断

ソースプログラムがMISRAコーディング作法に沿って記述されているかチェックし、違反箇所を指摘します。ルールに準拠したコーディングにより、安全性、可搬性、信頼性を確保することができます。
対象ルール MISRA C++2008

4.命名規約ルール診断

クラス、構造体、関数、変数が決められた名前となっているかチェックし、違反箇所を指摘します。ルールに準拠したコーディングにより、保守性、標準化を図ることができます。命名規約ルールは、名称を登録できますので独自のルールに適用できます。
チェックは、名称とワイルドカードを組み合わせて行うことが可能ですので、頭3桁、4桁でのチェック等を簡単に行うことができます。



ソースコード修正機能

エディター機能により、指摘されたソースプログラムを製品の中で修正することができます。

ソースコード修正の循環図

ルール違反リストのCSVへの出力
出力例

関連製品