Jennifer

製品概要

機能詳細へ

ジェニファー(Jennifer)は、現在実行中のWebサービスの状況を監視、分析する機能により、 Webシステム障害、レスポンス低下、性能低下、サーバの 過負荷を直感的に判断し、問題解決に必要なSQLパラメータ、クラス、メソッド、プロ グラム、CPU使用率などの詳細な情報をトランザクション単位に提供するソリューションです。 障害発生を担当者へE-mailやショートメッセージサービスにて自動的に送信する機能を提供します。

APM (Application Performance Management)の誕生背景

APM (Application Performance Management)の誕生背景

問題や障害に対する既存の対処法

問題や障害に対する既存の対処法
  • 原因追跡や原因分析に時間が掛かり過ぎる。
  • 経験による対策に頼っている。
  • 関連データがないため、総合検討が難しい。
  • 他に連動した問題が発生しやすい。
  • 原因検出が難しい。
  • データ管理者、ウェブ管理者、システム管理者、ネットワーク管理者は担当範囲でのみ原因追跡。
  • ある問題の原因特定は、特定のログやプログラムの分析だけでの総合的な原因把握は難しい。
  • 技術者を投与して進めても完全な解決ができず、また別の障害が発生する可能性が高い。
  • 人件費などのコストがかさむ。

ジェニファーの優れた特長

Webシステムのパフォーマンス分析
Webシステムに対するパフォーマンスをリアルタイムに分析することができます。
システムに対する安定性を確保することができます。
さらに、チューニングの必要程度を判断することができます。
システム拡張の基礎分析
ユーザ数やアクティブサービス数増加によるシステム拡張時、統計データを活用し
今後のより正確な容量を算定することで、費用対効果を極大化することができます。
ボトルネックアプリケーションおよび障害監視
Webアプリケーションの監視機能により、障害発生原因を事前に発見し改善することで
新規アプリケーションの品質を高めることができます。

レスポンスタイム分布グラフ:X-View

開発時、コーディングのチェック、システムオープン前の性能テスト、システムオープン後の安定的なシステム運用のための性能モニタリングなど幅広いポジションをカバーします。

ジェニファーの製品ポジション

システム構成

システム構成
ジェニファーエージェント
モニタルング対象システムにインストールして、各性能情報をジェニファーサーバに転送。
ジェニファーサーバ
ジェニファーエージェントからのリアルタイムデータを収集記録し、
そのデータを基に各システムをモニタリング。
ジェニファーコンソール
ジェニファーサーバからの情報をウェブブラウザで表示。

導入効果

APMソリューション導入によって、サービスダウンタイムの最小化、継続的な性能モニタリングに よる障害対応能力の確保、正確なキャパシティプランニングによるTCOの削減が可能になります。 また、システムリソース、ビジネスデータはビジュアルモニタリングが可能で、ITサービス全体の リアルタイム統合管制センターを構築することができます。 安定したシステム運用と即時意思決定の根拠になるため、対顧客サービスの満足度が向上します。

ROI(費用対効果)最大化
定量化されたデータ収集及び統計を根拠にシステム拡張時期と増設、
チューニング作業によるROI最大化が可能。
対顧客サービス満足度向上
ダウンタイムの最小化、障害対応能力の確保および自動負荷制御機能で
信頼性の高いシステム運用・顧客満足度が向上。
TCO最小化
システム環境移行が容易で、将来システム拡張時に不要な投資費用を抑えることが可能。
さらに、システム障害、レスポンスタイム低下の問題判別、問題解決プロセスの効率化により調査、
分析にかかる人的コストを抑えることが可能。
障害対応能力確保
継続的なシステムの性能モニタリングにより発生の可能性がある危険を予測し、
未然に防止あるいは迅速に解決。
導入効果

お問い合わせ先

新日本システック株式会社

  〒103-0004
  東京都中央区東日本橋 1-2-6 SNSビル
  TEL.  03-5835-0673
  FAX.  03-5835-0672
  E-mail sns-solution@snsystec.co.jp

関連製品